事業案内メニューへ移動します。
会社案内メニューへ移動します。
レポート、バナーへ移動します。
このページの本文へ移動します。
フッターメニューへ移動します。

スタッフ紹介

世の中を変えたいと思ったのはこんな6人です。

代表取締役 ふなやひろお

■代表取締役 船谷博生

1991年3月、明治学院大学社会学部卒業後、福祉専門職として東京都港区役所に入区。高齢者関連施設に勤務した後、福祉事務所にて高齢者及び障碍者担当のケース ワーカーとして相談業務に従事する。この間、孤独死の第一発見者となる事件が発生し、救えなかった自分を責めると共に、同じ轍を踏まないように後進を育てようと福 祉教育・福祉の科学化に興味を持つ。それまでは自分が福祉専門職として職に就いてきたが、自分と同じ志を持つ専門職を育てようと、2000年介護保険法施行と同時期に 松下電工株式会社の介護事業立ち上げに参画。居宅介護支援事業・訪問介護事業・通所介護事業・福祉用具貸与事業の企画・管理等を行うとともにISO9000シリーズによる業務の標準化を行うため居宅介護支援事業の科学化を行う。

その後、在宅総合診療 専門の医療法人の事務長などを歴任し現在に至る。また福祉サービスの科学化を自分のライフワークと考え、2007年3月東洋大学大学院社会福祉学専攻博士前期課程修了、現在も東洋大学大学院福祉社会デザイン研究科ヒューマンデザイン専攻博士後期課程に在籍中である。

従前より、福祉そのものは特別なものではないと考えながら福祉事業に従事していたが、山内との出会いによりユニバーサルデザインの普及に興味をもち、より多くの人によりよいものを使っていただくことが、なによりも福祉の向 上と考え山内と合流する。現場での経験を生かし、企業が捉えるべき多様なニーズを データから読み取り、それを伝えることでの社会貢献を目指す。

なかお あやか

■中尾文香

2001年4月、埼玉県立大学社会福祉学科へ入学し、香川県から埼玉県へ引っ越しをする。
県立大学の先生方の福祉に対する熱い気持ちに触れ、また、仲間と共に大学生活を送る中で、福祉哲学を学び、それ以来、社会福祉に没頭する。また、大学4年間、障碍者当事者団体と活動を共にすることで、現在の社会は障碍者にとって生きづらい社会であるということ、そして、その生きづらさが障碍者を社会的弱者にしているということを経験を通して学ぶ。更に、彼らのニーズを行政などへ訴えかける活動を行っているうちに、相手を説得するためには、ただ感情に任せて訴えるだけでなく、論理的思考と根拠に基づいた話し合いが必要だと感じ、このことが大学院へ進学する大きな理由の1つとなる。

大学院では、兼ねてから興味のあった「通常学級に在籍する障碍のある子ども」に関して研究を行い、2006年3月、日本女子大学 人間社会研究科 社会福祉学専攻を修了。

temilのすべての人々のニーズに焦点を当てユニバーサルデザインを目指す考えが、すべての人々を包み込むインクルーシヴな社会を目指す考えと共通する部分があると思い、temilの方針に非常に共感し、4月temilへ入社。

障碍のある子どもだけでなく、すべての子どものニーズに合わせて学校が変わるといった広義の意味でのインクルーシヴ教育について考え続けることが私の課題である。