事業案内メニューへ移動します。
会社案内メニューへ移動します。
レポート、バナーへ移動します。
このページの本文へ移動します。
フッターメニューへ移動します。

感性の評価

デザイン、それは芸術性の高いものとして捉えられ、口がはさめず信じるしかないと考えていませんでしたか? 確かにアンタッチャブルな部分もあります。しかし、芸術性の高い作品は不特定多数の人に働きかけ、評価するもしないも問題にしませんが、商業目的で作成されるデザインは特定多数の人にどう評価されているかということが予測されなければなりません。この効果測定が感性評価です。この評価を事前に行い効果を予測し、より効果が期待されるデザインを目指す、そんな評価がこの情報が氾濫している社会においては必要とされていると考えます。

テミルの調査は「インタビュー+生活の視点」を基本とし、社会福祉士が中心となって実施します。社会福祉士は、人と生活に関する知識をもっており、かつ、面接技術も備えた者で、国家資格です。これらの知識・技術とSD法という統計的な手法を使いながら調査を行います。そのため、フィードバックは、インサイトをとらえながら、統計的な根拠も同時に示すことができます。第一印象調査・価値構造調査・ブランドイメージ調査・空間印象調査などは、調査内容の例ですが、それ以外にも「インタビュー+生活の視点」をベースとした様々な調査が可能です。ご希望によりカスタマイズいたします。

テミルの調査手法

テミルでは面接相談技術の国家資格・社会福祉士による質的調査(定性調査)に強みをもっています。

第一印象調査・価値構造調査

個別インタビュー法とSD法因子分析の相乗効果により心の奥を解明します。


ブランドイメージ調査・空間印象調査

どう感じ、なぜそう感じるかを分析して、担当者の方とともにその先につなげていきます。

フローと価格例

一般的なフローと価格構成について簡単にご説明します。